とある京大生の作業ログと日々の雑記

コンピュータサイエンスについて学んだことを可視化したり日々の雑記をまとめてます。

Texのエディタを模索してみた話

こんばんは!コミさん(@komi3__ )です!



昨日ようやく試験が終わりました。



3日間のトータルの睡眠時間が3時間みたいな、試験期間は地獄のような日々でした....




まあでもおかげさまでそれなりに単位は回収できたし、これで卒業単位はかなり揃ってきたので来年前期の授業は3コマくらいで良さそうです(笑)




今までものすごい勢いで単位集めてきた甲斐があったって感じですね。




それでこれからスイス留学の9月までかなり時間的に余裕があるので



・自分のWebページ作ってみる(Java Script に少しチャレンジしてみる)



・数学(代数、幾何、解析、圏論)をあっさりでいいから抑える



・PyTorchをもっと使いこなせるようになる



・全体的にもっと実装力を高める



あたりを今後がんばっていこうかな、と(所信表明)




まあぼちぼちがんばっていきます(笑)

本題へ

試験期間に突入する直前にレポート書こうって思って、いつも通りTeX書こうとVSCodeを立ち上げたんですよ。



そしたらこんなことに。


f:id:komi1230:20180203213902p:plain


おいおいおいおい。おい。


お前急にどうしたんだよ。今まで順調にレポート書けてたじゃねーか。



まあもうこんな状況を作り出した犯人はわかってます。



そうです。悪の結社Microsoftです。



アプデでTeXの環境構築したのが全部吹っ飛んだのです。



はぁ......なんてことしてくれんの.....



んで、もう仕方ないからVSCodeでのTeX執筆は諦めて、前に示した通りAtomでの執筆をしようかと思ったわけです。



Atomって便利なIDEだなぁって思うんですけど、ちょっと立ち上がり遅いし全体的にもっさりしてるような気がするんですよね。



まあ今回は苦肉の策で仕方ないから久しぶりにAtomを立ち上げて同様に環境構築して執筆しようとしたんですが....



f:id:komi1230:20180203214755p:plain



おいおいおい。てめーコンパイルできてねーじゃねーか。お前もダメか。



仕方ないから色々ググってパス通したりlatexmkrcいじったり対処法を調べるも、なぜコンパイルがうまくいかないのかわからず....



ということでぼくの素晴らしいLaTeX執筆環境が消えました。



仕方ないのでMacTeXでレポートは書いて間に合わせましたが、さあどうしたものか。




今までオートインデントやオートコンプリート、シンタックスハイライトなどの素晴らしい環境で書き続けてきたぼくにはデフォルトのMacTeXはとても執筆環境が良いものとは思えず....



まあ例えるなら、別に生きるだけだったら雨や風がしのげる洞窟でもいいけど、どーせなら暖房冷房完備で風呂つきの3LDKの一軒家の方がいいよねって感じ。



一度素晴らしい環境の味を知ってしまったぼくはもうデフォルトの環境には戻ってこれないのです。



ということでもう一度、LaTeXの環境を模索し始めました。




欲しい機能としては、


・内部でpdfを表示してくれる


・ローカル環境で執筆できる


・コマンド一発でコンパイル


デバッグが用意


・オートコンプリート(\beginを入れたらオートで\endもみたいな)


・オートインデント(数式のところはインデントしてくれるみたいな)


シンタックスハイライト(色付け)


って感じ。



今回色々試したので、各自のレビューと簡単な環境構築の仕方の紹介します。


TeXmaker


画面としてはこんな感じ。


f:id:komi1230:20180203220056p:plain


F1でコンパイルできるので、まあ良さげ。


ちゃんと上に挙げた条件も抑えてる。


f:id:komi1230:20180203220937p:plain


設定画面とかが英語だけど、まあ別に支障はないので特に文句なし。


環境構築は以下をご参照くださいませ。


Texmaker - TeX Wiki



TeXstudio


TeXmakerをフォークして作られたので基本的にはTeXmakerと同じようなノリ。

画面としてはこんな感じ。

f:id:komi1230:20180203220742p:plain


同様にF5でクイックビルドでコンパイルできるので問題なし。


f:id:komi1230:20180203220958p:plain


設定画面が日本語なのがちょっと嬉しいかも?


環境構築は以下を参照してください。


TeXstudio - TeX Wiki


TeXpad

画面としてはこんな感じ。

f:id:komi1230:20180203221229p:plain


なんとこのTeXpad、iOSにも対応しており、iPadでも執筆が可能なのである。すごい。


これは環境構築の手間もかからず欲しい機能もバッチリついてるので、機能面に関しては文句なし。


そう。機能面に関しては文句はない。


ただ一つ。どうしても文句をつけなければならないポイントがある。



お値段30ドル。3000円前後。



いやね。アホかと。なんでそんな値段高いねんと。


無課金勢としては欲しい機能求めて高いお金出すかと思ったらそりゃ買わないです。


TeXmakerやTeXstudioが無料なのに比べたら3000円は高いよ....


一応URL置いときます。

Texpad : LaTeX editor

Texpad : LaTeX editor

  • Valletta Ventures
  • 仕事効率化
  • ¥1,800


(先程確認したら1800円に値下げしてました。でも高い。)








ということでざっと3つほど見てまいりました。


日本語ユーザーとしてはTeXstudioって選択肢になるのかなぁ。


まあAtomとかVSCodeって選択肢もあるけど、アプデとかで環境が吹っ飛ばないとか重たくないとかを加味したら個人的にはTeXstudioやTeXmakerの利用をオススメします。


やっぱり他と機能を抱き合わせにしたら結局重たくなっちゃうんですよね。


うーん、ジレンマ。



まあいいエディタとかあったら紹介してください。


すぐに試してレビュー記事書きます。



てかそもそも論なんですけど、どうも最近の論文ってWordで執筆されてるパターンも多いらしいですね。



ある程度はWordの方も熟達してた方がいいっぽい。



というかぼくLaTeX主義者で、Wordの使い方がわからないんですよね(笑)



この前会社の年度末報告書を書かされて、目次の作り方とか一切わかんなくてだいぶ苦労しました。



Wordを強制するような会社には就職したくないです(笑)



そこらへん文書作成に何を使うかってのは結構難しいところですよねー



個人的にはLaTeXはフォントがすごい綺麗なので好きなんですけど。



まあそんなこんなで今回はここらへんで。



お疲れ様でした!